キャンピングカーで巡るアクティブな旅!海・鳥・花…自然と遊ぶ掛川・御前崎ツアー

キャンピングカーでの旅、一度は体験してみたいですよね!
富士山静岡空港では、到着後手軽にキャンピングカーを借りることができるんです。
富士山静岡空港の周り、約30km以内(車で40分程度)にはたくさんの遊べるスポットが満載!

今回は、御前崎の海・掛川の花鳥園を中心に、キャンピングカーで巡る自然と遊ぶモデルコースをご紹介します。

【このモデルコースはこんな方におすすめ】

  • 家族で静岡を大満喫したい方
  • 自然に癒やされたい方
  • 人混みを避けて旅行を楽しみたい方

にピッタリですよ!

地図でみる▶︎キャンピングカーで巡るコース

※地図の見方※ ピンをタップすると、モデルコースで立ち寄るスポットの情報を見ることができます。通過する経路を青いルートで表示しています。

それでは詳しくご案内します。

もくじ

-1日目-

1)富士山静岡空港でキャンピングカーを借り掛川花鳥園へ ★11:00頃「東名高速道路」経由25分

富士山静岡空港に到着したら、早速キャンピングカーを借りましょう!

キャンピングカーの詳細はこちら。7名定員(大人5名、子ども2名就寝可)普通免許で運転OKです。


※午後に静岡空港に到着する方は、このモデルコースを参考にアレンジしてみてください。

目指すは掛川市・掛川花鳥園です!

静岡空港は茶処ど真ん中!静岡最大規模の茶産地「牧之原台地」にあります。特に新茶の季節・4〜5月には、美しい茶畑とおいしい新茶を楽しむことができますよ。

掛川花鳥園は冷暖房を完備する全天候型、花と鳥のテーマパーク。日本国内で16箇所しか見られないハシビロコウは必見ですよ!!

2)掛川花鳥園でお花を見ながらランチを食べよう! ★11:30-13:30頃

満開のインパチェンスの下でランチ。鳥モチーフのメニューも多く、大人も子どもも笑顔になること間違いなし!園内はバリアフリーになっており、ベビーカーでの移動もラクラクです。

季節の花々が楽しめる園内。屋外では鷹や鷲のバードショー、大人の背丈ほどもある大型のエミューに触れ合えるなど、ここでしかできない体験がいっぱいです。

インコを肩に乗せながら園内をお散歩!動物園でしか見たことない鳥たちに、間近でエサをあげることもできるんです。

3)菊川方面へ!ギャラリー画禅庵で水墨画体験(要予約) ★14:00頃

掛川市から、お隣菊川市へ移動!
目指すはギャラリー画禅庵。水墨画家「佐々木鐵心」が始めた画禅庵は、古木を使った美しい建物で水墨画に親しめる施設です。

ギャラリー画禅庵では、水墨画体験(2時間/喫茶付き体験料¥2,000)もできるんです!要予約なので、旅行前にご予約くださいね。

墨の濃淡だけで描く水墨画。実は絵の具で描く「絵画」とは全く技法が違うんです。体験では、道具の貸し出しから丁寧にレクチャーしてくれますよ。侘び寂びを感じながら、心落ち着けるひとときを楽しみましょう。

次の目的地「火剣山キャンプ場」の前に、買い出しを済ませましょう!東名 菊川I.C.〜JR菊川駅の間には、スーパーも豊富です。

4)本日の宿泊地「火剣山キャンプ場」へ!菊川市最高峰の眺めから朝日を見よう ★17:30頃

火剣山キャンプ場は、菊川市の最高峰。静岡らしいお茶畑が広がる景色を、朝日とともに眺めましょう!
見晴らしのいい展望台は、キャンプ場から少し山を登ったところ。早起きして、朝登山も気持ちがいいですよ。

キャンプサイトは要予約
キャンプサイトの利用は14日前に予約が必要です。市営なので料金が安い穴場スポット!四季折々の自然が感じられ、特に春はお花見キャンプも楽しめるんです。

子どもが駆け出す!ローラースライダー。キャンプサイトの横では、なが〜いローラースライダーが待っています。てっぺんからはどんな景色が見えるかな?

1日目の旅程はこんな感じでした。

-2日目-

5)山から海へ!御前崎の灯台を目指そう★9:00発-10:00着

海から山まであっという間に着くのも、静岡県のいいところ。朝ごはんを済ませたら、「御前埼灯台前広場ウミエール」を目指して出発!

車窓から飛び込んでくる水平線に感動!
御前埼灯台前広場ウミエール」は2020年3月に完成した、御前埼灯台から雄大な太平洋を一望できるスポットです。
天気が良ければ、真っ青な海と空に浮かぶ富士山という絶景も見られますよ。
“登れる灯台”は日本でも16基のみ。ぜひ海上から50mの高さを体感してくださいね。

6)ランチは「Pacific cafe OMAEZAKI」は御前崎No. 1のおしゃれカフェへ ★11:00頃

御前埼灯台から降りたら「Pacific cafe OMAEZAKI」で、ランチはいかが?地元 御前崎の食材×ハワイアンの、個性的な食事が楽しめますよ。

ランチには予約待ちがあるほど人気の店舗です。休日は早めの来店がおすすめ!

テイクアウトメニューも充実しています。人混みが気になる場合には、キャンピングカーから海を眺めながらの食事もおすすめ!御前崎の絶景を独り占めです。

7)二日目のメインは海遊び!マリンパークで海水浴を楽しもう ★12:00頃

Pacific cafe OMAEZAKIから車で10分!御前崎マリンパークは、海と公園が一気に楽しめる最高のレジャースポット。

「日本の快水浴場100選」にも選ばれた穏やかな海なので、赤ちゃんの海デビューにもおすすめですよ。

キッズパーク

御前崎マリンパーク内には、キッズパークも併設されています。大人気は海が一望できるなが〜〜〜〜い滑り台!
海水浴場から歩いて移動ができます。体を思いっきり動かして、大人も子どももリフレッシュ!

車で1分、お隣は「御前崎 海鮮なぶら市場」です。御前崎港でとれた新鮮な海鮮物が並びます。食材の買い出しも、ここで済ませてしまいましょう!

御前崎マリンパークの周りには、お魚屋さんがいっぱい!夜のキャンプは海鮮バーベキューがいいね!

8)キャンプサイト「ならここの里 キャンプ場」へ出発!温泉も待ってるよ ★14:00頃-15:00着

御前崎で海を大満喫したら、本日のキャンプサイト「ならここの里」へ。金谷ー御前崎連絡道路を使い、車を一時間ほど走らせます。こどもたちはひとまずお昼寝、夜のお楽しみもまだまだあるよ。

「ならここの里キャンプ場」は2か月前から予約可能。直接場内に車を乗り入れられるオートキャンプ場です。

9)温泉&海鮮バーベキュー!贅沢キャンプを叶えよう ★18:00頃

ならここの里キャンプ場は、フリーサイト・電源付き区画・バンガローと様々なキャンプスタイルが選べます。キャンプの慣れ具合に応じて使い分けてくださいね。場内には、天然温泉「ならここの湯」・里山レストラン「ならここ食堂」があり、初心者でも快適に過ごせる至れり尽くせりのキャンプサイトなんです。

ならここの湯

「ならここの湯」は源泉100%の天然温泉。露天風呂からは見えるのは満点の星空だけ。

“美人の湯”とも呼ばれる、とろみのある温泉です。ママのリラックスタイムにどうぞ♡

2日目の旅程はこんな感じでした。

– 3日目 –

10)「さがら子生れ温泉会館」で静岡二つ目の温泉へ! ★9:30頃 東名高速道路を使って約40分 10:10着

さがら子生れ温泉会館

せっかく静岡にきたんです、もう一つ温泉を制覇しましょう!最終日は朝風呂目当てに「さがら子生れ温泉会館へ!
遠州七不思議のひとつ“子生れ石”(大興寺)にちなんで作られた温泉ですが、そのポッカポカに温まる泉質が地元民に大人気なんです。

泉質は湯冷めしにくい塩化物泉。大人550円、こども300円で、自家源泉かけ流しの天然温泉が楽しめます。湯上りには、信州の生そばを使った“海老天おろしそば(¥900)”をどうぞ。

“大興寺の住職が代わるたびに、子が生まれる様にまんまるな石が河原に現れる”という不思議なお話。安産・子授け祈願で訪れる方も多いんですよ。

11)【お土産】静岡の名産!お茶ができるまでを見てみよう ★12:30頃 さがら子生れ温泉会館から車で4分

美味しいお茶を手に入れるならココ!牧之原大茶園にある「グリンピア牧之原」です。

グリンピア牧之原では、お茶の畑から私たちが飲んでいる“お茶”になるまでの様子を、いつでも誰でも見学できるんです。

また、東京青山にも出店している「静岡抹茶スイーツファクトリー ななや」のチョコレート工房もあり、見学好きにはたまらない施設ですよ。

静岡の美味しいお茶がよりどりみどり!急須で飲むお茶や、ペットボトル用のティーバッグまで、いろんなお茶を比べてみて。

今、静岡で話題のスイーツはいかがですか?抹茶の濃さが違う7種類のチョコレートが一つになった“TEA CHOCOLATE MATCHA 7”は、お土産にも一押しです!

3日目の旅程はこんな感じでした。

12)グリンピア牧之原から富士山静岡空港に帰る ★車で15分 14:30頃

グリンピア牧之原から、富士山静岡空港まではあっという間!

キャンピングカーの返却もあるので、余裕を持って空港へ戻りましょう。

「キャンピングカーで巡るアクティブな旅!海・鳥・花…自然と遊ぶ二泊三日の掛川・御前崎ツアー」のモデルコースは以上です。

キャンピングカーで巡ることで、移動中も快適に、また密を避けた旅がゆったりと楽しめますよ。

ぜひこの機会に、富士山静岡空港×キャンピングカーの旅に出かけてみてくださいね!

まだまだあります!
モデルコース周辺のオススメスポット

記事が見つかりませんでした。

このほかの静岡旅行モデルコース

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

こんにちは!ふじそらトラベル編集部の富士山ふじ子です。富士山静岡空港からのおでかけ情報や、静岡の楽しみ方をお届けします!お楽しみに♪

もくじ
閉じる